グループ企業理念

企業理念・5つの貢献

「基本理念」には社員の思いが反映されています

ホーユーとは「こういう会社である。こういう会社であって欲しい。」その思いを表現するために、70期を迎えた1992年(平成4年)に基本理念が明文化されました。
企業理念の策定にあたっては社員にアンケートをとり、その結果を最大限反映しました。そのため、いろいろなことを盛り込みすぎた、との意見もありましたが、美しい文章よりも現実に「こうあって欲しい」「こういう会社である」という社員の思いが反映されていることのほうが大事である。との考えから、現在の形に至っています。

「5つの貢献」はステークホルダーへの姿勢

「基本理念」に続き定義されているのが「5つの貢献」です。ホーユーの企業活動は、さまざまな人・組織に支えられています。こうした存在に対してホーユーは感謝と尊敬の念を持ち、企業活動を通じて貢献していかなければなりません。
「5つの貢献」とは、企業理念を実現するため、どんな人・組織にどのような貢献を果たしていくべきか、その姿勢と具体的な内容を取りまとめたものです。
その内容が、グループ経営方針やサステナビリティにも反映されています。