商品の安全性について

気になる身体への影響や、使用時のトラブルに関するご質問をまとめました。

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は、なぜ毎回必ずしなければならないのですか?

過去に一度もアレルギー反応がなかった方でも、突然反応が起きることがあるからです。

他のアレルギーと同様に、過去に何回もヘアカラーをしていてかぶれなかった人でも、体質の変化などによって、かぶれるようになる場合があります。そのため、皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を毎回必ず行うようにお願いしています。

【関連用語】

【関連リンク】

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)で皮膚に異常があったら、どうすればいいですか?

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)で、かゆみ・はれ・赤み・ブツブツなどの異常があった場合は、すぐにテスト部位を洗い流し、絶対に染毛しないでください。

ヘアカラーの染料によるアレルギー反応を起こしていると思われますので、ヘアカラーの使用はお止めいただくようにお願いいたします。

【関連用語】

【関連リンク】

ヘアカラーでかぶれたことがありますが使える製品はありますか?

カラートリートメントやヘアマニキュア、一時着色料をお勧めいたします。

ご使用にあたっては製品の使用方法に従って正しくお使いください。もしも、使用中や使用後に赤味、はれ、刺激などの異常が現れたときには直ちに使用を中止し、皮膚科専門医などへのご相談をお勧めします。

【関連用語】

【関連リンク】

一度ヘアカラーでかぶれた(アレルギー反応が出た)らもう使えないのですか?

一度でもヘアカラーによるアレルギー反応が出た方はヘアカラーを使う事は出来ません。

一度でもアレルギー反応を起こすと、体はヘアカラーの染料を異物として判断し続け、以後ヘアカラーの染料と接触する度にアレルギー反応が再発し続けます。その後もヘアカラーを使い続けると、次第に症状が悪化し、まれに「アナフィラキシー」という重いアレルギー反応(全身じんま疹、呼吸困難など)等が突然起こることがあり危険です。

【関連用語】

【関連リンク】

今までに使用したことのあるヘアカラーでも、染めるたびに皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要ですか?

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は毎回必要です。

今までに何度も異常なく使用していた同じヘアカラーでも、体質の変化や体調などによってかぶれが起こる場合があります。
必ず、ヘアカラーを使用する前には皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行なってください。

【関連用語】

【関連リンク】

ヘアカラーをしたら今回かゆみやヒリヒリを感じ、2,3日続いたのですが、次回ヘアカラーをしてもよいですか?

ヘアカラーは使用しないでください。

アレルギー反応を起こしている可能性があります。我慢して使っていると、かゆみやヒリヒリがひどくなることがありますのでヘアカラーのご使用はお止めいただくようお願いいたします。

【関連用語】

【関連リンク】

ヘアカラーを使う度にかゆいのですが、使い続けてもよいのですか?

アレルギー反応を起こしている可能性がありますのでヘアカラーの使用はお止めください。

その後もヘアカラーを使い続けると、次第に症状が悪化し、まれに「アナフィラキシー」という重いアレルギー反応(全身じんま疹、呼吸困難など)等が突然起こることがあり危険です。その為、症状がかゆみだけであっても、使用毎に感じた場合は、ヘアカラーによるアレルギー反応の可能性が高いために、絶対に使用しないでください。

【関連用語】

【関連リンク】

かぶれた場合はどうしたらよいですか?

必ず医師の診療を受けてください。

ヘアカラーを使用して、万一かぶれが発生した場合には適当な皮膚薬などは使用せず、至急、皮膚科医の診療を受けてください。適切な処置を施すのが遅れると症状が長引くことがありますので、早めの治療をお願いします。

【関連用語】

【関連リンク】

脱色剤(ブリーチ剤)を使用してかぶれました。なぜですか?

体質や肌の状態によっては、脱色剤に含まれる成分(過硫酸塩など)でかぶれを起こしてしまうことがあります。

脱色剤(ブリーチ剤)の使用で異常(じんま疹や気分の悪さなど)を感じたら、どうすればよいですか?

使用中であればすぐに中止し、薬剤を洗い流してください。

その後も異常が残る場合は、放置したり、ご自分の判断で手持ちの薬を使ったりせず、すぐに医師(皮膚科など)の診療を受けてください。
その際、脱色剤を使用したことを伝え、可能なかぎり使用した製品を持参してください。

入浴中にヘアカラーをしてもよいですか?

薬液が垂れて目に入る危険がありますので、おやめください。

入浴中のヘアカラーはおやめください。汗や浴室内の蒸気等により、ヘアカラーの薬液が垂れて目の中に入ってしまう恐れがあり危険です。

【関連用語】

顔そりをした後にヘアカラーをしても大丈夫ですか?

薬液がついた場合に刺激を受けやすくなっていますので、顔そり直後は使用しないでください。

顔そりの直後は、ヘアカラーはしないでください。皮膚が細かく傷ついている可能性があり、刺激を受けやすくなるため危険です。

【関連用語】

眉毛やひげなどを染めてもよいのですか?

頭髪以外は染めないでください。

頭髪以外は染めないでください。目や口の周りなどは皮膚が薄く敏感なので、カブレを起こす可能性が高くなります。また、目の中に薬剤が入る可能性もあり、危険です。

ヘアカラーやブリーチを子どもに使用してはいけませんか?

弊社では、お子さまへの使用を避けるようお願いしております。

幼小児の頭皮や毛髪は大人よりも弱く、また、皮脂の分泌が少なくバリア機能が弱いため、刺激等を受けやすいと考えられます。そのため弊社では、幼小児の方にはヘアカラーやブリーチを行わないようにお願いしております。

【関連用語】

生理の時や、妊娠中・妊娠の可能性があるときに、ヘアカラーを使用してはいけないのはなぜですか?

ホルモン等の変化でかぶれを起こしやすい可能性があります。

生理中や妊娠中は皮膚が過敏になっており、かぶれを起こしやすい可能性がありますので、染毛は避けてください。

【関連用語】

【関連リンク】

ホーユーのヘアカラーを海外に送ろうとしたら、アンモニア濃度、アルコール濃度、過酸化水素濃度について郵便局から質問されました。

市販用ヘアカラー全般

弊社のヘアカラー製品は、
アンモニア濃度は10%未満、
アルコール濃度は23%未満、
過酸化水素濃度は8%未満です。
弊社製品で上記に該当しない製品もございますので、ご不明な際は弊社お客様相談室までご連絡ください。
なお、エアゾールのようなガスを使用している製品は危険物貨物扱いとなり、海外送付が出来ませんのでご承知ください。

【関連リンク】

ヘアカラーは、飛行機への機内持ち込みや手荷物として預かってもらうことは出来ますか?

搭乗される航空会社に直接お問い合わせください

エアゾールのようなガスを使用した製品など、一部持ち込みが出来なかったり量の制限を受ける場合がございますので、搭乗される航空会社に直接お問い合わせください。

航空機への持ち込みについては、下記関連リンクでご確認いただくこともできます。

【関連リンク】

ウィッグ・かつら・エクステンション(つけ毛)などに使用してもいいですか?

人間の頭髪以外には使用しないでください。また、それらが人間の頭髪で作られたものであっても使用しないでください。

お探しのご質問が見つからなかったら・・・

お探しのご質問は見つかりましたか?
該当する質問が見つからないときは、直接お問い合わせください。