助成事業

2022年度 研究助成募集について

研究助成の対象
  1. 国内の国公私立大学(含付属研究機関)または国公立研究機関に所属する研究者を助成対象とする。
  2. 応募は個人研究を対象とするが、共同研究者があってもよい。
  3. 応募は一人一件を原則とするが、研究課題が異なる場合は複数申請を認める。
助成金額 1件 50万円もしくは100万円とし、申請時に希望金額を選択。
助成期間 2022年4月1日~2023年3月31日
(期間延長を申請し、承認されれば最長1年の延長が可能)
募集時期 2022年度の研究助成募集は、9月30日到着分をもって締め切りました。
たくさんのご応募をいただきまして、誠にありがとうございました。
選考方法 当財団選考委員会の議を経て、理事会にて決定する。
決定時期 2022年1月中旬予定

※ 研究成果及び研究において取得した知的所有権(特許権等)は、当財団帰属しません

申請方法

 

 

 所定の申請書に必要事項を記入の上、下記宛先までEメールにて送付いただきます。

 ホーユー科学財団メールアドレス:hoyu_sf(at)hoyu.co.jp

 ※(at)は@に置き換えてください

 なお当財団より上記メールアドレスから返信させていただくことがございますが、
 メール受信設定によりましては、送信不可となる場合がございます。
 当財団へEメールを送信される際は、念のためメール設定のご確認をお願いいたします。

申請書

  

助成事業に関するお問い合わせ

 

※お問い合わせにつきまして

 新型コロナウイルス感染防止のため、当財団では、事務局員の在宅勤務を実施しております。
 メールは在宅勤務中でも確認しておりますので、緊急の場合でもまずはメールにてご連絡ください。
 必要がある場合は担当者から直接お電話させていただきますので、ご安心ください。

 ご不便お掛けいたしますが、ご理解を賜りますよう何卒お願い申し上げます。



 ホーユー科学財団メールアドレス:hoyu_sf(at)hoyu.co.jp

 ※(at)は@に置き換えてください

≪よくある質問≫

Q 自分の研究は、助成の対象となりますか。

A 募集要項をよくお読みいただき、ご自身で応募を検討願います。

Q 申請内容について、申請前に事前チェックしてもらうことはできますか。

A 事務局では申請内容の事前相談、事前チェックを受け付けておりません。募集内容をよくお読みいただき、ご自身の判断で申請書の記載をお願いします。

Q 4月に異動が決まっていますが、どこの所属機関から応募すればいいですか。

A 現所属にてご応募ください。採択後、所属変更届をご提出いただきます。

Q 助成対象分野の研究テーマであれば、特に募集するテーマ以外でも応募することは可能ですか。

A ご応募いただくことができます。

Q 新規に開始した研究テーマなので、まだ論文がないのですが、記載はどうしたらよいですか。

A 申請する研究テーマが全くの新規であり、関連する論文等がない場合は学会発表内容でも可とします。

Q 申請書を郵送しても良いですか。

A 基本的にはメール添付にてご提出願います。メール添付による提出が難しい場合は、提出前に事務局までご連絡ください。

Q 共同研究者として来年配属される学生を考えています。現段階で氏名等がわかりませんが、どのようにしたらよいですか。

A 共同研究者欄に「来年配属される学生」と記載してください。採択後、共同研究者変更届をご提出いただきます。

Q 助成金額について、理事会にて希望金額より減額された場合も助成を受けるかどうか選択するようになっています。例えば「100万円希望していて、80万円までの減額であれば助成を受けたいが、50万円まで減額されるのであれば辞退したい」という場合は、どのように選択したらよいですか。

A 申請書の該当箇所に、「80万円までの減額であれば助成を希望するが、50万円まで減額される場合は辞退」など記載願います。

Q 新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、研究の進捗に影響が出る可能性があります。研究助成の期間を延長することはできますか。

A 期間延長申請をいただき、理事会にて承認されれば1年間の延長が可能です。

個人情報の保護方針

個人情報保護方針