ナノレベルにおける毛髪全組織の画像化に成功

お知らせ

ホーユー株式会社(名古屋市東区)は名古屋大学と共同で、毛髪を構成するすべてのナノ*レベルの構造を画像化することに成功しました。
*ナノは10億分の1メートル

毛髪は直径約0.08 mmですが、コルテックスのまわりを数層のキューティクルが覆っている複雑な構造で、水分調整、保温など繊維としてのさまざまな機能をもっています。毛髪の9割以上を占めるキューティクルやコルテックス、CMC(細胞膜複合体)などは、すでにナノレベルまでの微細な構造が明らかにされています。しかし残るメラニン顆粒とメデュラについて、髪色の正体であるメラニン顆粒は内部構造が複雑であるため、毛髪の中心部にあるメデュラは観察時に変形しやすいため観察が難しく、内部構造の詳細は明らかになっておりませんでした。
今回、文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業のもと名古屋大学未来材料・システム研究所と研究を進め、試料調製と測定条件を工夫して超高圧走査透過電子顕微鏡(HV-STEM)で観察することにより、メラニン顆粒とメデュラのナノレベルでの三次元構造を明らかにすることに成功しました。毛髪内すべての組織をナノレベルまで直接的な観察手法で画像化できたのは初めてとなります。
こういった基礎研究成果をもとに、今後もヘアカラー、ヘアケアをはじめとしたよりよい頭髪関連商品の開発を進めてまいります。

※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。