ヘアカラーの作用をナノレベルで初めて解明
毛髪内部のダメージを抑えて効率的に高明度なヘアカラー剤を実現

お知らせ

ホーユー株式会社(名古屋市東区)は、毛髪内部の物性をナノレベルの高分解能で二次元計測することに成功し、ヘアカラーの成分に作用しやすい領域としにくい領域が存在することを初めて発見しました。

ナノレベルの超微細領域の物性を計測することができる原子間力顕微鏡を用いて、ヘアカラーをした毛髪横断面の力学特性を調査した結果、アンモニア等を使用した一般的なヘアカラーでは、ブリーチ成分が毛髪全体にわたり細部まで均一的に作用しますが(図のパターンA)、炭酸塩等を使用したヘアカラーでは毛髪内部まではあまり作用しない(パターンB)ことが分かりました。
これまで毛髪の明るさ(黒髪に対するブリーチ力)におおよそ比例してダメージも受けるという考え方が一般的でしたが、同じ明るさにブリーチをしても毛髪強度が低下しにくいケースがあることも確認しました。
髪を明るくするためにはメラニンという色素を分解しますが、このメラニンは毛髪の外周部に多く分布している傾向にあります。このダメージの差はブリーチ作用のある成分のバランスをコントロールしてヘアカラーの作用をメラニンの多い毛髪外周部までにとどめ、もともとメラニンの少ない毛髪内部への作用は抑えた結果と考えられました。

           パターンA 均一的に作用                  パターンB 外周部に作用

なお、この研究成果は2018年7月に開催された第82回日本化粧品技術者会研究討論会において発表しております。また、この研究成果を応用した業務用ヘアカラーを9月に発売しました。今回発表した研究成果をもとに、今後もヘアカラーをはじめとした頭髪関連商品の開発を進めてまいります。

※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。