準備するもの

ご自分で髪を染めるときに用意しておきたい道具などをご紹介します。

事前に準備しておくもの

作業がスムーズに進められるように、道具を事前に準備しておくことは大事なポイントです。
以下に、用意しておきたい道具を一通り紹介しますので、確認しましょう。
ほとんどは、身の回りにあるもので大丈夫です。

鏡

見えにくいところを染めるときに必要です。

時計

時計

塗布時間・放置時間をきっちりと計ります。

ティッシュペーパー

ティッシュペーパー

あると便利! たれてきたヘアカラーリング剤をふきとります。

シャンプー、コンディショナー

シャンプー、コンディショナー

ヘアカラーリング剤をきちんと洗い流します。ヘアカラー専用の製品がおすすめです。

新聞紙

新聞紙

周囲に敷いてヘアカラーリング剤の飛び散りを防ぎます。

ヘアカラークロス (化粧ケープ)

ヘアカラークロス (化粧ケープ)

衣服を覆い、ヘアカラーリング剤が付くのを防ぎます。

コールドクリーム (水をはじくクリーム)

コールドクリーム (水をはじくクリーム)

顔のまわり、耳のうしろなどに塗って、ヘアカラーリング剤が付くのを防ぎます。

ヘアクリップ (ダックカール)

ヘアクリップ (ダックカール)

ブロッキングした髪を留めます。

手袋 (製品に入っていない場合)

手袋 (製品に入っていない場合)

ヘアカラーリング時の手のよごれを防ぎます。

輪ゴム

輪ゴム

手袋をしっかり留めるために使います。

タオル

タオル

首のまわりに巻いて、ヘアカラーリング剤が付くのを防ぎます。

ボタンなどで前から脱ぎ着できるシャツ

ボタンなどで前から脱ぎ着できるシャツ

ヘアカラーリング後、ヘアカラーリング剤を洗い流すときに脱ぎやすく便利です。

あると便利なヘアカラーグッズ

メガネにラップを巻いておくと、ヘアカラーリング剤が付いても汚れず、メガネをかけたままでも作業できますよ。
また、ヘアカラーリング用のメガネも販売されています。他にも、必要に応じて用意すると便利なグッズがいくつかあるので、ご紹介しましょう。

ヘアカラーリング用コーム&ブラシ

ヘアカラーリング用コーム&ブラシ

髪全体や部分のヘアカラーリング操作に使用します。

イヤーカバー

イヤーカバー

ヘアカラーリング時の耳汚れを防ぎます。

ヘアカラーマット

ヘアカラーマット

ヘアカラーリング時の床汚れ防止に最適です。

ヘアカラーリング用メガネ

ヘアカラーリング用メガネ

メガネをかけながらでもヘアカラーリングできます。

染める前に準備するものを確認できたら、次は「手順」を確認しましょう。