髪が染まる仕組み

ヘアカラーは、1剤と2剤を混ぜて染料を発色させることで髪を染めています。

なぜヘアカラーで髪が染まるのか

一般的なヘアカラーは、1剤と2剤という2種類で構成されています。1剤の成分は酸化染料とアルカリ剤、2剤の成分は酸化剤です。この1剤と2剤を混ぜることで酸化染料が発色するのです。

ヘアカラーの主な成分

ヘアカラーの主な成分

拡大する

1剤と2剤を混ぜたものを「混合液」と呼ぶのですが、これを髪に塗ると、1剤の中のアルカリ剤が髪のキューティクルを開きます。すると、混合液が髪の内部に浸透していきます。

発色した染料の分子は結合して元より大きくなるという性質があるので、髪の内部に浸透した後は閉じ込められます。こうしてヘアカラーの色が髪に定着するというわけです。

髪が染まるまで

1. 塗布前の状態

1. 塗布前の状態

ヘアカラーの1剤と2剤を混合し乾いた髪に塗る。

2. 毛髪の膨潤と染料の浸透

2. 毛髪の膨潤と染料の浸透

1剤中のアルカリ剤がキューティクルを開き混合液が髪の内部へ浸透する。

3. メラニンの脱色と染料の発色

3. メラニンの脱色と染料の発色

アルカリ剤によって2剤の過酸化水素水が分解され酸素を発生。発生した酸素がメラニン色素を脱色し同時に発生した酸素によって染料を発色させる。

4. 染料の定着

4. 染料の定着

発色した酸化染料の分子はくっつき合って元より大きくなる。大きくなることによりキューティクルのすき間から出られなくなり髪の内部に閉じ込められて色が定着する。

髪やヘアカラーリング剤の仕組みについて、もっと詳しく知るために