ヘアカラーを
安全にお使いいただくために

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)について

  • 普段ヘアカラーをされている方

  • ヘアカラーをしようと考えている方

とても大切なことなので、
是非読んでください!

  • 「ヘアカラー」って
    どんなもの?

  • ヘアカラーによる
    アレルギーとは

  • 皮膚アレルギー試験
    (パッチテスト)ってなぜするの?

  • 皮膚アレルギー試験
    (パッチテスト)の手順

  • 「ヘアカラー」ってどんなもの?

    髪の内部まで染料が浸透し、1回でしっかり染まります。

    ヘアカラーは大半は2剤式です。
    1剤と2剤を混ぜ合わせた薬剤を髪へ塗り、所定の時間放置することで、髪を染めます。

    「医薬部外品」に分類されます。

    まれにアレルギー反応を引き起こすことがあります。

  • ヘアカラーによるアレルギーとは1

    ある食べ物でじんま疹が出たり、薬品や化粧品などで「かぶれ」を起こすことがありますよね。

    ヘアカラーも、体質・肌の状態によっては、「かぶれ」を起こすことがあります。

    「かぶれ」は多くの場合、髪の毛に色をつける「染料」が原因の
    アレルギー反応です。

  • ヘアカラーによるアレルギーとは2

    症状

    頭・髪の生え際・顔・首筋などに、かゆみ・はれ・赤み・ブツブツなど
    • 注意1

      まれに「アナフィラキシー」 という重いアレルギー反応(全身じんま疹、呼吸困難など)が突然起こることもあり危険です。

    • 注意2

      今まで異常なく染め続けている人でも突然起こることがあります。

  • ヘアカラーによるアレルギーとは3

    万一、ヘアカラーを使用され、かぶれた場合や何らかの異常を感じた場合は、
    すぐに皮膚科専門医等の診療を受けてください。

    一度ヘアカラーでかぶれた方は、次回からも必ずかぶれますので、
    ヘアカラーを絶対に使用しないでください。

  • 皮膚アレルギー試験(パッチテスト)って
    なぜするの?

    「パッチテスト」は、ヘアカラーでかぶれの症状が起きないかどうか前もってチェックする
    大切なテスト!

    これまで問題なくヘアカラーを使用されていた方でも、体質の変化などにより
    突然かぶれる場合があります。

    ヘアカラーをお使いになる前には、毎回必ず 「パッチテスト」
    行いましょう!!

    いつもと同じヘアカラーを使う場合もパッチテストをしてくださいね。

  • 「皮膚アレルギー試験(パッチテスト)」の手順1

    時間はかかりますが、決してむずかしいテストではありませんよ!

    • 1.テスト薬剤をつくります。

      1剤と2剤を少量ずつ取り、綿棒で混合してテスト薬剤を作ります。

    • 2.テスト薬剤をぬります。

      腕の内側に綿棒で10円硬貨大にうすくぬり、自然乾燥させます。

    ※テスト薬剤をぬったところは覆わないでください。

  • 「皮膚アレルギー試験(パッチテスト)」の手順2

    • 3.そのまま触れずに48時間放置します。

      30分後と48時間後の2回チェックしてください。

    • 4.異常がなければ、ヘアカラーをしてもOKです。

    ※皮膚の異常があった場合には、ただちに洗い落とし、ヘアカラーはしないでください

    ※48時間前であっても異常を感じた場合、ただちにテストを中止し、テスト薬剤を洗い落とし、ヘアカラーはしないでください。

    ※「パッチテスト」 の結果、異常があった場合は、皮膚科医の診療を受けてください。