さ行

酸化染毛剤 (さんかせんもうざい)

ヘアカラーリング剤には、医薬部外品に分類される「染毛剤」と、化粧品に分類される「染毛料」(ヘアマニキュア、カラースプレーなど)があります。「染毛剤」は、さらに「永久染毛剤」と「脱色剤 (脱染剤)」(ブリーチなど)に分類され、この「永久染毛剤」の一種が「酸化染毛剤」です。
一般に「ヘアカラー」と呼ばれているものは、酸化染毛剤に該当します。

酸性染毛料 (さんせいせんもうりょう)

酸性染毛料とは、半永久染毛料の分類のひとつで、一般にヘアマニキュアと呼ばれています。キューティクルおよび表面近くのコルテックスを染めるもので、色持ちは3週間程度とヘアカラーに劣りますが、髪への負担が少なく皮膚アレルギー試験 (パッチテスト) の必要もありません。

紫外線 (UV) (しがいせん (ゆーぶい))

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、もっとも波長が短くエネルギーが高い光のことです。日焼けの原因として知られていますが、大量の紫外線を浴びることでキューティクルがはがれやすくなるなど、毛髪にも悪影響をおよぼすことがあります。

白髪 (しらが)

白髪とは、何らかの原因でメラニン色素をほとんど含まず、白くなった髪のことです。

白髪用ヘアカラー (しらがようへあからー)

白髪用ヘアカラーとは、一般に白髪を染めるために作られたヘアカラーを指します。メラニン色素を脱色しながら着色することで白髪と黒髪をほぼ同じ色に染め、また長い色持ちを実現します。
黒髪用ヘアカラーも髪を染める原理は同じですが、色の作り方が異なるため、白髪を十分に染めることはできません。

弱酸性 (じゃくさんせい)

弱酸性とは、酸性・アルカリ性の度合いを0~14の数値で示すpH (ピーエイチ) 値でpH4~6くらいの状態を指します。毛髪を作るタンパク質 (ケラチン) は弱酸性のときがもっとも安定するとされています。
特に白髪用ヘアカラーやパーマの後には、髪のpHを弱酸性に整えるヘアケアが大切です。

スタイリング (すたいりんぐ)

スタイリングとは、髪型を作ることを意味します。