か行

過酸化水素水 (かさんかすいそすい)

過酸化水素水とは、酸化剤の一種で、メラニン色素を分解する作用や「酸化染料」を発色させる働きがあります。ヘアカラーの2剤やブリーチとして使用されています。

かぶれ (かぶれ)

かぶれとは、炎症性の皮膚炎のことで、「一次刺激性皮膚炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」に大別されます。
このうち、ヘアカラーによるかぶれの多くはアレルギー性接触皮膚炎で、これは個人差とともに体調にも影響されるため、それまで問題のなかった人が突然発症するケースもあります。ヘアカラーの使用の前には皮膚アレルギー試験 (パッチテスト) を必ず行いましょう。

髪色もどし (ターンカラー) (かみいろもどし (たーんからー))

髪色もどしとは、ブリーチで明るくした髪やヘアカラーなどで染めた色を元の髪色に戻すこと、またはそれを目的とした商品を指します。
商品としての髪色もどしは通常、白髪用ヘアカラーと同様に髪を黒くするために用いられますが、白髪用ヘアカラーとは染毛効果が異なるため、白髪を自然に黒く染めることはできません。

髪質 (かみしつ)

髪質とは、毛髪のタイプのことを言います。毛髪の硬さや太さ、ウェーブのかかり具合など、人によってさまざまな髪質があります。
髪質はヘアカラーなどの染まり方に影響を与えるため、まず自分がどんな髪質かを把握することが大切です。

カラースプレー (からーすぷれー)

カラースプレーとは、一時着色料の一種で、スプレー方式で髪の表面に顔料を付着させます。
シャンプーや髪が濡れることで簡単に色が落ち、皮膚アレルギー試験 (パッチテスト) は必要ありません。白髪が目立つ部分や、広い範囲の白髪をスピーディーに染めることができます。

カラートリートメント

カラートリートメントとは、半永久染毛料の一種です。数回の使用により徐々に染めて白髪を目立たなくします。トリートメント感覚で使えるのが特長です。使用を止めると徐々に元の髪色に戻ります。

カラーリスト (からーりすと)

キューティクル (毛表皮) (きゅーてぃくる (もうひょうひ))

キューティクルとは、「毛表皮」という別名からも分かるとおり髪の上皮にあたる層で、無色透明の硬い細胞でうろこ状に構成されています。
このキューティクルが一定方向に細かく重なっているため、髪は柔軟に曲がることができます。タンパク質や水分を守る働きがあり、キューティクルが傷むと髪は光沢やうるおいを失ってしまいます。

黒髪用ヘアカラー (くろかみようへあからー)

黒髪用ヘアカラーとは、ヘアカラーのひとつで、メラニン色素を脱色しながら染料を定着させることで長い色持ちを実現します。
なお、黒髪用ヘアカラーは白髪用ヘアカラーと色の作り方が異なるため、白髪を十分に染めることはできません。

クリームタイプ (くりーむたいぷ)

クリームタイプとは、ヘアカラーの剤型のひとつで、液だれしにくく、小分けができるのが特長です。そのため、部分染めにも全体染めにも使え、また髪の長さに合わせて無駄なく利用できます。

化粧品 (けしょうひん)

化粧品とは、日本の薬事法医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律で定められた分類で、人体に対する作用が医薬品、医薬部外品よりも緩やかなものです。カラーリング剤ではヘアマニキュアや一時着色料が化粧品となります。
なお、ヘアカラーやブリーチは医薬部外品に分類されます。

コラーゲン (こらーげん)

コラーゲンとは、骨やじん帯、皮膚などを構成するタンパク質の一種です。体内のタンパク質の約30%を占めており、最近では髪の健康にも良いと注目されています。

コルテックス (毛皮質) (こるてっくす (もうひしつ))

コルテックスとは、毛髪を構成する層のひとつで「毛皮質」とも呼ばれます。キューティクルとメデュラの中間に位置しており、毛髪のおよそ80%を占めています。
髪の色を左右するメラニン色素が含まれているため、白髪用ヘアカラーの染料もこのコルテックスに作用するように作られています。

混合液 (こんごうえき)

混合液とは、ヘアカラーの1剤と2剤を混ぜたものです。1剤の「酸化染料」と2剤の「酸化剤」の酸化反応によって、髪を染められるようになります。
なお、酸化反応は時間の経過とともに進んでしまうため、混合液は保存がききません。白髪を染める直前に作りましょう。