白髪用・ノズルタイプ

ノズルタイプの商品を使って、白髪を染めるときの手順やコツをご紹介します。

動画で確認しよう!

髪を染めるときの手順を、動画でご紹介します。

写真で確認しよう!

髪を染めるときの手順を、写真でご紹介します。
準備する道具などについては、「準備するもの」をご参照ください。

また、事前に皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をおこなってください。パッチテストについては、「かぶれと皮膚アレルギー試験(パッチテスト)」で詳しく解説しています。

髪の長い方は、塗りやすくするために髪をブロッキングすることをお勧めします。
ブロッキングについては、「黒髪用・クシ型ノズルタイプ」のページをご参照ください。

POINT

必要に応じて以下の準備も済ませておきましょう。

#

生え際は、水をはじくクリーム (コールドクリームなど) を塗っておくと、汚れを防げます。

#

作業中に手袋がずれないように、袖口を輪ゴムで留めておきましょう。

#

メガネをご利用の方は、ラップで巻いておくと汚れを防げます。

1. 混合液を作りましょう

使用説明書に従い、混合液を作りましょう。
混合液を作るときは必ず手袋を着用し、染める直前に作るようにしましょう。

1

1剤を2剤のボトルに入れましよう。

2

オーバーキャップ付きノズルをしっかり閉めて、十分に混ざるまでよく振りましょう。

3

オーバーキャップを取り外しましょう。

2. 混合液を塗りましょう

準備ができたら、髪に混合液を塗っていきましょう(このとき、塗る場所の順番に注意しましょう)。また、ムラなく染めるために、混合液はたっぷりと塗りましょう。

1

まず、片方の手を添えながら、生え際に塗りましょう。根元に混合液をつけ、軽くなじませながら毛先に向かってのばしましょう。

2

続いて、分け目に塗りましょう。頭を少し下げて、鏡で見えるところまで塗ると、塗り残しをなくせます。利き手の反対側から塗ると、腕の汚れを防げます。

3

髪やサイドは、ノズルで髪を分けて塗っていきましょう。

4

耳の後ろやえり足にもしっかり塗っておくと、髪をアップにしたときにキレイに見えます。

5

後頭部は、髪をノズルで縦に分けて塗っていきましょう。塗り残しがないように、たっぷり塗りましょう。

6

全体に塗り終えたら、もう一度生え際や白髪が気になる部分に塗りましょう。

7

表面や毛先など広い範囲に塗る場合は、写真のようにラインを描いてのばすようにすると、ムラなく塗れます。

3. 髪全体になじませ、所定の時間、放置しましょう

塗り終えたら、クシで髪全体になじませ、所定の時間、放置しましょう。
放置時間は、商品の種類や室温、髪質などの条件によって異なります。使用説明書や「染める前にチェック!」を参考にしましょう。

また、混合液を塗っている間の時間も染まり具合に影響します。塗布時間 (塗るのにかかる時間) と放置時間の合計が、使用説明書に記載されている目安時間であるとお考えください。

1

塗り終えたら、目の粗いクシまたは手で、混合液を髪全体になじませましょう。タテ・ヨコ・ナナメと、いろいろな方向にやさしくなじませましょう。

2

混合液が髪全体になじんだら、所定の時間、放置しましょう。髪の長い方はアップにしておくと、周りが汚れません。

POINT

混合液を塗るときのコツを、いくつかご紹介します。

白髪の目立つところから塗る

白髪用ヘアカラーでキレイに仕上げるコツは、新しく白髪が生えてきた部分や白髪が目立つ部分から塗ることです。特に、生え際や髪の分け目には、先に塗るようにしましょう。

塗り残しやすい場所に注意

塗り残しが多いのは、耳の後ろやえり足、側頭部です。また、利き手の反対側も塗り残しやすいので注意しましょう。

最後のひと手間が肝心です

全体に塗り終えたら、もう一度生え際や白髪が気になる部分に塗りましょう。そのひと手間で仕上がりがぐんと変わります。

4. 洗い流しましょう

放置時間が過ぎたら、ぬるま湯ですすいだ後、シャンプーで洗い流しましょう。

1

すすぎ湯にヘアカラーの色が出なくなるまで、丁寧にすすぎましょう。
すすぎが不十分だと、色落ちが多くなったり、髪のダメージにつながったりします。

2

すすぎ終わったら、シャンプーで洗い流しましょう。染めた直後の髪はデリケートなので、やさしく2回洗いましょう。

3

シャンプー後は、コンディショナーやリンスで髪の状態を整えましょう。髪のダメージをおさえ、色が長持ちします。

POINT

洗い流すときや、髪を乾かすときの豆知識

1

混合液をすすぐ前に、浴室の床や壁をシャワーで濡らしておくと、汚れがつきにくく、掃除が楽になります。

2

洗い終えた髪は、水分をタオルに吸わせるように、軽くたたくようにして乾かしましょう。ゴシゴシと強く拭くのは避けましょう。