その他

気になる身体への影響や、使用時のトラブル、髪についての豆知識に関するご質問をまとめました。

商品の安全性について

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は、なぜ毎回必ずしなければならないのですか?

過去に一度もアレルギー反応がなかった方でも、突然反応が起きることがあるからです。

他のアレルギーと同様に、過去に何回もヘアカラーをしていてかぶれなかった人でも、体質の変化などによって、かぶれるようになる場合があります。そのため、皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を毎回必ず行うようにお願いしています。

【関連用語】

【関連リンク】

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)で皮膚に異常があったら、どうすればいいですか?

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)で、かゆみ・はれ・赤み・ブツブツなどの異常があった場合は、すぐにテスト部位を洗い流し、絶対に染毛しないでください。

ヘアカラーの染料によるアレルギー反応を起こしていると思われますので、ヘアカラーの使用はお止めいただくようにお願いいたします。

【関連用語】

【関連リンク】

ヘアカラーでかぶれたことがありますが使える製品はありますか?

カラートリートメントやヘアマニキュア、一時着色料をお勧めいたします。

ご使用にあたっては製品の使用方法に従って正しくお使いください。もしも、使用中や使用後に赤味、はれ、刺激などの異常が現れたときには直ちに使用を中止し、皮膚科専門医などへのご相談をお勧めします。

【関連用語】

【関連リンク】

一度ヘアカラーでかぶれた(アレルギー反応が出た)らもう使えないのですか?

一度でもヘアカラーによるアレルギー反応が出た方はヘアカラーを使う事は出来ません。

一度でもアレルギー反応を起こすと、体はヘアカラーの染料を異物として判断し続け、以後ヘアカラーの染料と接触する度にアレルギー反応が再発し続けます。その後もヘアカラーを使い続けると、次第に症状が悪化し、まれに「アナフィラキシー」という重いアレルギー反応(全身じんま疹、呼吸困難など)等が突然起こることがあり危険です。

【関連用語】

【関連リンク】

今までに使用したことのあるヘアカラーでも、染めるたびに皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要ですか?

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は毎回必要です。

今までに何度も異常なく使用していた同じヘアカラーでも、体質の変化や体調などによってかぶれが起こる場合があります。
必ず、ヘアカラーを使用する前には皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行なってください。

【関連用語】

【関連リンク】

ヘアカラーをしたら今回かゆみやヒリヒリを感じ、2,3日続いたのですが、次回ヘアカラーをしてもよいですか?

ヘアカラーは使用しないでください。

アレルギー反応を起こしている可能性があります。我慢して使っていると、かゆみやヒリヒリがひどくなることがありますのでヘアカラーのご使用はお止めいただくようお願いいたします。

【関連用語】

【関連リンク】

ヘアカラーを使う度にかゆいのですが、使い続けてもよいのですか?

アレルギー反応を起こしている可能性がありますのでヘアカラーの使用はお止めください。

その後もヘアカラーを使い続けると、次第に症状が悪化し、まれに「アナフィラキシー」という重いアレルギー反応(全身じんま疹、呼吸困難など)等が突然起こることがあり危険です。その為、症状がかゆみだけであっても、使用毎に感じた場合は、ヘアカラーによるアレルギー反応の可能性が高いために、絶対に使用しないでください。

【関連用語】

【関連リンク】

かぶれた場合はどうしたらよいですか?

必ず医師の診療を受けてください。

ヘアカラーを使用して、万一かぶれが発生した場合には適当な皮膚薬などは使用せず、至急、皮膚科医の診療を受けてください。適切な処置を施すのが遅れると症状が長引くことがありますので、早めの治療をお願いします。

【関連用語】

【関連リンク】

入浴中にヘアカラーをしてもよいですか?

薬液が垂れて目に入る危険がありますので、おやめください。

入浴中のヘアカラーはおやめください。汗や浴室内の蒸気等により、ヘアカラーの薬液が垂れて目の中に入ってしまう恐れがあり危険です。

【関連用語】

顔そりをした後にヘアカラーをしても大丈夫ですか?

薬液がついた場合に刺激を受けやすくなっていますので、顔そり直後は使用しないでください。

顔そりの直後は、ヘアカラーはしないでください。皮膚が細かく傷ついている可能性があり、刺激を受けやすくなるため危険です。

【関連用語】

眉毛やひげなどを染めてもよいのですか?

頭髪以外は染めないでください。

頭髪以外は染めないでください。目や口の周りなどは皮膚が薄く敏感なので、カブレを起こす可能性が高くなります。また、目の中に薬剤が入る可能性もあり、危険です。

ヘアカラーやブリーチを子どもに使用してはいけませんか?

弊社では、お子さまへの使用を避けるようお願いしております。

幼小児の頭皮や毛髪は大人よりも弱く、また、皮脂の分泌が少なくバリア機能が弱いため、刺激等を受けやすいと考えられます。そのため弊社では、幼小児の方にはヘアカラーやブリーチを行わないようにお願いしております。

【関連用語】

生理の時や、妊娠中・妊娠の可能性があるときに、ヘアカラーを使用してはいけないのはなぜですか?

ホルモン等の変化でかぶれを起こしやすい可能性があります。

生理中や妊娠中は皮膚が過敏になっており、かぶれを起こしやすい可能性がありますので、染毛は避けてください。

【関連用語】

【関連リンク】

ホーユーのヘアカラーを海外に送ろうとしたら、アンモニア濃度、アルコール濃度、過酸化水素濃度について郵便局から質問されました。

市販用ヘアカラー全般

弊社のヘアカラー製品は、
アンモニア濃度は10%未満、
アルコール濃度は24%未満、
過酸化水素濃度は6%以下です。
なお、弊社製品で上記に該当しない製品もございますので、ご不明な際は弊社お客様相談室までご連絡ください。

【関連用語】

汚れについて

ヘアカラーが洗面台や浴槽についてしまった場合、どうしたら汚れが落ちますか?

ヘアカラーの汚れは時間が経つほど落としにくくなりますが、メラミンスポンジ、或いは塩素系漂白剤により、汚れを薄くできる事もあります。

素材によりましては傷をつける可能性がありますので、まず洗面台や浴槽の製造メーカーに確認されることをお勧めします。
なお、表面が硬くて水が浸透しない、凹凸がないツルツルした材質の場合は、細かな傷がつく可能性はありますがメラミンフォームのスポンジを使う方法があります。ただし、曇り止めなど表面加工のある鏡は、加工にこすり傷が残り、鏡として使えなくなるので絶対に使用しないでください。
凹凸はあるものの水が浸透しない素材の場合は、塩素系漂白剤をつけおき洗いの濃度に薄めてコットンやキッチンタオルなどに湿し、汚れている部分に貼り付けて1時間ほど放置してください。その後は水で洗い流してください。ただし、塩素系漂白剤の場合、生地の変色や変質が考えられますので、事前に目立たない場所でテストしてください。
また、メラミンスポンジ・塩素系漂白剤、いずれの場合も、使用説明書にしたがってお使いください。

【関連用語】

ヘアカラーを床にこぼしてしまった場合、どうしたら汚れが落ちますか?

木製の床やじゅうたん、畳、壁紙、レザーのように吸水性のある素材にヘアカラーがついてしまった場合には、すぐにふき取り、中性洗剤でふいてください。

すぐに落としきれなかった場合、申し訳ございませんが、それ以上落す事は困難です。
汚れをふせぐためにも、床に新聞紙などを敷いて染毛されることをおすすめします。
シンナーや除光液を使うと汚れが落ちないだけでなく、素材を傷めますので絶対におやめください。

【関連用語】

雨や汗に濡れると、衣服に色がつくことはありますか?

雨や汗に濡れると色移りすることがあります。

雨に濡れた時、スポーツなどで汗をかいた時、プールや海で泳いだ時などは、シャツの衿や帽子の内側などに、気づかないうちに色がついてしまうことがあります。ついた色は塩素系漂白剤でないと落とせません。心配な方は、あらかじめ塩素系漂白剤が使える白いシャツを着ておくのもひとつの方法です。

ヘアマニキュアが地肌についてしまった場合、どうしたらよいですか?

すぐにティッシュで拭き取り、クレンジングジェルなどで汚れを落としてください。

ヘアマニキュアは皮膚につけますと非常に落ちにくいので、先ずはつけないように注意してください。皮膚についてしまった場合は、すぐにティッシュペーパーでふき取ります。その後、添付のクレンジングジェルまたは石けんをコットンやタオルに含ませて汚れを落としてください。その際、強くこすり過ぎますと炎症や傷の原因になる場合がありますので、ご注意ください。

【関連用語】

【関連リンク】

ヘアカラーが地肌についてしまった場合、どうしたら汚れが落ちますか?

洗髪や入浴によって、数日程度で自然に落ちていきます。

地肌に付いた染料は、皮膚の新陳代謝により、洗髪や入浴によって、数日程度でおちていきます。
早く落としたい場合は、化粧落としなどで使うクレンジング剤を汚れた部分につけてなじませ、しばらくの間軽くマッサージをしてください。次に、そのままの状態で上から蒸しタオルで蒸らし、その後、固形石けんで洗い流してください。石けんをタオルにつけて軽くこするのも効果的です。
ただし、強くこすり過ぎますと炎症や傷の原因になる場合がありますので、ご注意ください。
なお、爪についた汚れは落ちないので、染毛の際は必ず手袋をしてください。

【関連用語】

ヘアカラーの液を子どもが誤って飲んでしまった場合、どうすればよいですか?

まず水か牛乳を飲ませて、必ず医師の診察を受けてください。

少量であっても、飲んでしまった場合は、まず水か牛乳を飲ませてください。そのうえで必ず医師の診察を受けてください。

【関連用語】

ヘアカラーの液が目に入った場合、どうすればよいですか?

直ちに水またはぬるま湯でよく洗い流してください。

水またはぬるま湯で15分以上よく洗い流し、すぐに眼科医の診療を受けてください。
なお、自分の判断で目薬などは使用しないでください。

【関連用語】

髪について(豆知識)

コンブやワカメを食べると、髪は美しくなりますか?

海藻類には、髪にとって重要な栄養素をたくさん含んでいるため、美髪の維持に役立ちます。

ミネラルが豊富なコンブやワカメなど海藻類は、髪にとって重要な栄養源で、髪に必要なたくさんの栄養素を含んでいます。
毛髪もからだの一部ですから、美しい髪の健康を保つためには当然、バランスのとれた食事がそれ以上に大切です。
髪の健康に必要な栄養素については詳しくは、下記の関連リンクのページでもご紹介しています。

白髪を抜くと増えるというのは本当ですか?

白髪を抜いたことが原因で白髪が増えることはありません。

白髪を抜いたことが原因で白髪が増えることはありません。白髪が目立ち始めたとき、多くの方の白髪への対処法の第一歩は、気がついた白髪を抜くことです。
しかし、実際にはこの時、既に加齢による白髪の増加が始まっている場合がほとんどです。そのため、白髪を抜くことでさらに白髪が多く生えてくるように見えるのではないでしょうか。
とはいえ、無理に白髪を抜くと毛根にダメージを与えることもありますので、ご注意ください。
なお、抜いた後に同じ毛根から生えてくる毛髪もほぼ白髪となります。

【関連用語】

白髪と黒髪の違いとはなんですか?

最も大きな違いは、メラニン色素の「ある」「なし」です。

白髪と黒髪の最も大きな違いは、メラニン色素の「ある」「なし」です。
メラニン色素以外のアミノ酸やたんぱく質については大きな違いはありませんが、鏡を覗いた時に白髪だけがピンと立ち上がって感じたり、白髪の方がなんとなく堅い髪のような印象を受けたりする場合があります。
これは、黒髪の中で白髪が目立ちやすいことに加え、メラニン色素が少ないぶん、毛髪を作っている繊維状タンパクが多くなることで、よりしっかりした毛髪になっていることなどが影響しています。

【関連用語】

白髪は何歳頃から生えるものなのですか?

一般的には、35歳を過ぎたころからといわれています。

個人差があるので一概にはいえませんが、日本人の平均的な白髪の発生年齢は、35歳を過ぎた頃からだといわれています。

【関連用語】

白髪が生えるのはなぜですか?

メラニン色素がなくなることが主な原因ですが、詳しいことはまだ解明されていません。

髪の色は、皮膚の色と同じようにメラノサイトという細胞が作るメラニン色素の量によって決まります。メラニン色素の量が多いと真っ黒な髪になり、少なくなるにつれて、ブラウン、ブロンド、白色の髪になります。
メラニン色素は、チロシンというアミノ酸から、メラノサイトの中で作られています。メラニン色素の生成にはチロシナーゼという酵素の助けが必要で、チロシナーゼの働きが弱くなるとメラニン色素は作られなくなり白髪となります。また、何らかの理由でメラノサイトがなくなってしまっても、やはりメラニン色素はできなくなり、白髪となります。
白髪になるメカニズムについては徐々に明らかになっていますが、なぜチロシナーゼの働きの低下やメラノサイトの消失が起こるのかについては、残念ながらまだ完全に解明されていません。加齢や遺伝的な影響に加えて、生活環境やストレスなどの影響があるようです。

【関連用語】

髪にも栄養が必要なのですか?

髪の健康には、からだの内と外からの補給が大切です。

毛髪もからだの一部ですから、美しい髪の健康を保つためには栄養の補給は大切です。そのためには、外からのヘアケア成分とともに内側からの補給としてバランスのとれた食事も必要です。
髪の健康状態と栄養については、下記の関連リンクのページで詳しくご紹介しています。

健康な髪とはどのような状態のことですか?

キューティクルの浮き上がりや剥がれが少なく、弱酸性の状態になっているときの毛髪です。

髪は、キューティクルの浮き上がりや剥がれが少なく、弱酸性の状態になっているときに、もっとも丈夫で安定しています。この状態が維持できていれば、健康な髪といってよいでしょう。
髪の健康状態については、下記の関連リンクのページで詳しくご紹介しています。

【関連用語】

日本人の髪と欧米人の髪は、違うのですか?

日本人は直毛が多く、欧米人は波状毛が多いといわれています。

髪質は、人によっても異なりますが、日本人では直毛の髪が多く、欧米人ではややウェーブを持った「波状毛」が多いといわれています。

【関連用語】

髪の成長サイクルとは何ですか?

髪が生え始めてから自然に抜け落ちて、再び生えるまでの周期です。

髪が生え始めてから成長し、自然に抜け落ちて、再び新しい毛が生えてくる周期のことを「髪の成長サイクル」といいます。
髪の成長サイクルについて詳しくは、下記の関連リンクのページでご説明しています。

【関連リンク】

髪はどのような構造なのですか?

大きく3つの部分で構成されています。

毛髪は大まかにいって、「毛ずい質 (メデュラ)」「毛皮質 (コルテックス)」「毛小皮 (キューティクル)」という3つの層にわけられます。
髪の構造については、下記の関連リンクのページで詳しくご紹介しています。

【関連用語】

【関連リンク】

一夜にして白髪になることはあるのですか?

実際には、一夜にして白髪になることはありません。

黒髪が一夜にして白髪になることはありえません。
一方で、ストレス等により円形脱毛所を発症すると黒髪から抜け落ちていく現象が起こります。もし白髪まじりの方が、極度のストレスにより全頭型の円形脱毛症を発症してしまうと、短期間で黒髪が抜け落ちて白髪頭になってしまい、あたかも黒髪が白髪に変わってしまったように感じる可能性はあります。

【関連用語】

お探しのご質問が見つからなかったら・・・

お探しのご質問は見つかりましたか?
該当する質問が見つからないときは、直接お問い合わせください。