かぶれと皮膚アレルギー試験 (パッチテスト)

ヘアカラーには欠かせない、「皮膚アレルギー試験 (パッチテスト) 」についてご説明します。

かぶれの種類は?

ある食べ物でじんま疹が出たり、薬品や化粧品などでかぶれ を起こすことがありますよね?
「かぶれ」とは、かゆみ、赤み、ハレ、ブツブツ[丘疹 (きゅうしん) や小水疱 (しょうすいほう) ]などの症状を伴う皮膚炎のことで、大きく「刺激性接触皮膚炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」に分けられます。

ヘアカラー (医薬部外品) でも、体質、肌の状態によっては、かぶれを起こすことがあります。このかぶれは多くの場合は、有効成分の酸化染料が原因のアレルギー反応です。

万一、ヘアカラーを使用され、かぶれた場合や何らかの異常を感じた場合は、すぐに皮膚科専門医等の診療を受けてください。適切な処置が遅くなると、それだけ症状が長引いてしまいます。早めの治療が第一です。

刺激性接触皮膚炎

もともと皮膚が敏感な方や皮膚に傷があって皮膚のバリア機能が弱っている方が染毛した場合に、染毛中や染毛後にかゆみ、赤み、痛みなどの症状を伴って起こる皮膚炎のことです。

また、アレルギーとは無関係なので、誰でも起こり得ます。症状が出る部位は、塗布部分に限られていて、一般にアレルギー性接触皮膚炎より早く治ります。アレルギー性接触皮膚炎は、酸化染料が原因となる場合が多いため、主にヘアカラーを使用する場合に注意が必要ですが、刺激性接触皮膚炎はヘアカラーだけでなく、ブリーチやシャンプー、その他の化粧品でも起こることがあります。

アレルギー性接触皮膚炎

「アレルギー」とは、体を守るための免疫が過剰に反応し、体に障害をもたらすことです。花粉症などのアレルギー性鼻炎や、食物アレルギー、気管支喘息、うるしかぶれなどがあります。

ヘアカラーによるアレルギー性接触皮膚炎は、遅延型アレルギーに分類され、典型的には、染毛後半日くらいからかゆみを感じはじめ、その後に赤み、ハレ、ブツブツなどの皮膚炎症状が起こり、染毛の24時間から48時間後に最も症状がひどくなります。症状がかゆみのみであっても使用のたびにかゆみを感じたり、強いかゆみを感じたりした場合はアレルギーの可能性があります。また、このアレルギー症状は、いったん治まっても、ヘアカラーを使用するたびに再発し、症状が次第に重くなります。このようなアレルギー症状が起きてからもへアカラーの使用を繰り返すと、まれに重いアレルギー症状 (顔全体のハレ、全身のじんま疹、呼吸困難等) を突然起こす場合があります。

ヘアカラーによるアレルギー性接触皮膚炎の特徴

特徴1

初めての染毛でかぶれる人もいますが、今まで異常なく染め続けている人でも突然症状が起こることがあります。

特徴2

染毛して数時間後から発症することもありますが、24時間以降に強く発症する例が一般的です。

特徴3

一度ヘアカラーでかぶれた方は、次回からも必ずかぶれますので、ヘアカラーを絶対に使用しないでください。

皮膚アレルギー試験 (パッチテスト) はどんなことをするのか

ヘアカラーをお使いいただいても、かぶれの症状が起きないかどうかを調べるのが皮膚アレルギー試験、つまり「パッチテスト」です。
過去に何回も異常なくヘアカラーを使用されていた方でも、体質の変化などにより突然かぶれる場合がありますので、髪を染める48時間前には、毎回必ず、使用説明書に従ってパッチテストを行ってください。

皮膚アレルギー試験 (パッチテスト) の方法 (2剤式ヘアカラーの場合)

1. テスト薬剤をつくります。

1. テスト薬剤をつくります。

染めようとする薬剤の1剤と2剤を少量ずつ所定の割合で小皿 (金属製は不可) などに出し、綿棒で混合してテスト薬剤を作ります。

2. テスト薬剤をぬります。

2. テスト薬剤をぬります。

このテスト薬剤を、腕の内側に綿棒で10円硬貨大にうすくぬり、自然乾燥させます。
ぬった部分が30分くらいしても乾かない場合は、ティッシュペーパーなどで軽くふき取ってください。

3. 48時間放置します。

3. 48時間放置します。

そのまま触れずに48時間放置します。
※時間を必ず守ってください。
●パッチテスト中は、入浴やシャワーを控えてください。正しい結果を得るためには、48時間のパッチテスト中に、テスト部位を濡らしたり、こすったり、シールを貼ったりしないことが必要です。やむなくシャワー等する場合は、テスト部位を濡らさないようにご注意ください。

テスト部位の観察は、テスト薬剤塗布後30分くらいおよび48時間後の2回は必ず行ってください。
そのとき塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激など、皮膚の異常があった場合には、手などでこすらないでただちに洗い落とし、ヘアカラーはしないでください。途中、48時間以前であっても、同様の皮膚の異常を感じた場合には、ただちにテストを中止し、テスト薬剤を洗い落としてヘアカラーはしないでください。
※パッチテストの結果、万一異常があった場合は、皮膚科医の診療を受けてください。また、製品についてはお客様相談室までご連絡ください。

4. 異常がないか確認します。

4. 異常がないか確認します。

48時間経過後、異常がなければヘアカラーをしてください。

失敗を防ぐポイントについて、もっと詳しく知るために