【2017年秋 ヘアカラー新商品】
 ポスト団塊ジュニア女性の髪色ニーズに着目!質感カラー処方採用で
   黒髪もちらほら白髪もキレイに染まって髪色もっと楽しめる
        「シエロ デザイニングカラー」新登場!

お知らせ

2017年9月1日(金)発売

ホーユー株式会社(愛知県名古屋市)は、市販品ヘアカラーブランド「シエロ」から、「髪色をもっと楽しみたい!だけど白髪の染まりも気になる・・・」そんな30代~40代前半の女性のニーズに応えた新商品「シエロ デザイニングカラー」を2017年9月1日(金)より発売いたします。

CIELO(シエロ)サイトトップ

シエロ デザイニングカラー
                     「シエロ デザイニングカラー」(全11色)
     <マーメイドピンク><パステルピンク><コーラルブラウン><クラシックショコラ><ヌーディオークル>(上段左より)
         <アールグレイベージュ><キャラメルブラウニー><ミントアッシュ><スモーキーアッシュ>
                    <ルーセントアッシュ><プレミアムアッシュ>(下段左より)

各世代の女性を対象に「白髪の気になり度」を調査したところ、30~34歳では23%、35~39歳では47%、40~44歳では68%の方が、白髪が「気になる」と回答しており※1、30代後半くらいが黒髪用ヘアカラーから白髪用ヘアカラーへの移行の「ターニングポイント」になると推察されます。

また、今の30代~40代前半は黒髪用ヘアカラーをある程度経験してきており、髪色に対するこだわりが強い世代だと思われます。

その世代は市販品白髪用ヘアカラーの色揃えに対して「色の種類が少ない」「明るい色が楽しめない」とのイメージを持っており※2、結果、市販品ヘアカラーに対して「自分向けの商品がない」と強く感じています。※3

※1・※2・※3:ホーユー調べ

また、この世代の女性は

  • 黒髪用ヘアカラーではパッケージモデルが若すぎて自分向きでない
  • いかにも白髪染めっぽいパッケージはレジに持っていくのが恥ずかしい
  • 自分が白髪染めなんてまだ認めたくない 

といった悩みや、

  • 黒髪用ヘアカラーだと白髪の部分が浮いてきてしまう
  • 白髪を抜いたり切ったりしていたが対処しきれなくなってきた

といった葛藤を持っています。

<ホーユー調べ>

発売の「シエロ デザイニングカラー」は、これらの悩みや葛藤に着目し、髪色をもっと楽しみたいと思っている女性のニーズに応えました。

 主なポイントは以下の3点です。

  1. 豊富な色みのカラーバリエーションでなりたい髪色楽しめる(全11色)
  2. 「質感カラー処方」で黒髪も、気になるちらほら白髪もキレイに染まる 
  3. 色選びの楽しさと手に取りやすさを意識したおしゃれなパッケージデザイン

TVCM、雑誌、Webなどでのプロモーションも随時展開予定。

「シエロ デザイニングカラー」にどうぞご期待ください!

「シエロ デザイニングカラー」の商品概要

■商品名
「シエロ デザイニングカラー」(医薬部外品)

■発売日
2017年9月1日(金)

■商品特長
●質感カラー処方で黒髪も気になるちらほら白髪もキレイに染まる
●豊富な色みのバリエーションで髪色楽しめる(全11色)
●色持ち成分(テアニン&タウリン)配合
●3種の天然由来ツヤオイル(毛髪保護成分)配合
  (シアバター※1、ホホバオイル、オリーブオイル※2)  ※1シア脂 ※2 オリブ油
●染めた直後の髪をいたわる、カラーケア成分配合※3のシャンプー&トリートメント付き
  ※3 シャンプー:タウリン、テアニン、トレオニン、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEA  トリートメント:タウリン、テアニン、トレオニン
●爽やかでジューシーな南国フルーツの香り

■カラーバリエーション11色
<マーメイドピンク>
<パステルピンク>
<コーラルブラウン>
<クラシックショコラ>
<ヌーディオークル>
<アールグレイベージュ>
<キャラメルブラウニー>
<ミントアッシュ>
<スモーキーアッシュ>
<ルーセントアッシュ>
<プレミアムアッシュ>

■内容量
1剤(32g)+2剤(96mL)+シャンプー(10mL)+トリートメント(10g)

■価格
オープン価格

■パッケージ内容
1剤、2剤、クシ型ノズル、手袋、使用説明書、シャンプー・トリートメント

■販売ルート
店頭販売(スーパー、ドラッグストア、ホームセンターなど)

  • ※ヘアカラー(医薬部外品)は、使用上の注意をよく読んで正しくお使いください。
  • ※今までにヘアカラーでかぶれたことのある方は、絶対に使用しないでください。
  •  また、皮膚アレルギー試験(パッチテスト)もしないでください。
  • ※ヘアカラーをご使用の前には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。
  • ※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。